LCCのデメリットの一例

激安の料金で国内旅行をしたいならば、いくつかの方法があります。国内旅行のツアーやパックを使う方法もあります。早期割引運賃を使う方法もあります。そして、Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCを使うことです。今回は【LCCのデメリットの一例】についてご紹介します。

飛行機の座席が狭くて窮屈な思いをすること


全日空や日本航空など大手の航空会社と異なり、格安航空会社(LCC)は座席のシートピッチが狭いです。前後の間隔が狭いのです。その理由は一度のフライトでできるだけたくさんのお客さまを運びたいからです。
だからこそ激安の料金を提供できています。狭いシートピッチに慣れていなくて、従来のフライトのシートをイメージしているとフライトの時間はかなり苦痛になるでしょう。

特に体格が大きい人は我慢できないかもしれません。
よく見てみるとLCC(格安航空会社)を使っている人にメタボ体型の人は少ないことに気がつきます。
物理的に厳しいのが実情でしょう。

格安航空会社(LCC)は制限される事項がとても多いです。

運賃の種類にもよりますが激安の運賃ならば、キャンセル料は100パーセント取られます。
予約を取り消しても一切払い戻しができないことです。スケジュールは一切何があっても変更できません。
そして、遅延や欠航も多いです。日本航空や全日空の場合はお互いに「エンドース」と言って他社便への振り替えをしています。

しかしPeach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCの場合は、そういったことはありません。次に搭乗する予定の便があれば万事休すです。乗継に関しての補償なども一切ありません。
安さばかりに気を取られていると失敗することもあるのです。

https://twitter.com/kenren_0w0/status/875487339463798784

いかがでしたでしょうか?

激安で注目されている格安航空券のLCC(格安航空会社)ですが、注意しなければならないことも多いです。場合によったら大手の早期割引運賃を使ったほうが、本当の意味での格安航空券であるかもしれません。預ける手荷物によっても追加料金が発生することもあります。トータルのコストで考えるほうが安全です。

飛行機の座席が狭くて窮屈な思いをすることがイヤだったり、スケジュールの変更があるならば、他の手段を考えたほうがいいかもしれません。格安航空チケットはいろいろあります。国内旅行パックやツアーも選択肢として考えましょう。ホテルなどをセットにしたプランならば、そのほうが安いこともあります。

関連記事:

    None Found