格安航空券が手に入れられる背景

日本国内の航空券も、だんだんと格安航空券が手に入りやすくなってきたお陰で航空機の利用も昔に比べるとずいぶんとハードルが低くなってきましたね。

日本国内の航空業界は、特に独占企業状態だったものが規制緩和により海外LCCをビジネスモデルとした新規の航空会社の参入や、新規の国内格安航空会社などが運航を開始してきたことにより、航空機の利用者の幅は広くなってきたことでより航空機が身近なものになってきましたね。
元々、航空機利用者と言えばやはりある程度の経済力があるような家庭層などをターゲットにしていたことが多かったのですが、ここ数年での新規航空会社の参入により、バスや新幹線などを利用していた層が格安航空チケットを購入できるようになったおかげで航空機を利用するということも多くなってきており、新しい需要層の取り込みが徐々に増えてきています。
そのお陰で、旅行代理店などと提携する新規参入航空会社も増えてきており、旅行ツアーなどでも新規参入した航空会社が選択肢に入るようになってきたりと、非常に手をつけやすい状態になって来ているのですね。

格安航空チケットの背景

そもそも、何故通常の航空チケットはあんなに高いのに格安航空チケットが手に入るようになったのか、というとそれは今までの航空チケットが暴利を貪っていたからというわけではありません。
言ってみれば、元々航空チケットというのは高級志向な層が利用していることが多かったからです。
長距離移動をするのに短時間ですませたい、というようなことは勿論なのですがとにかく国内線の航空機はサービスの質がとてもいいのです。
機内食やドリンクの無料サービス、座席の質やCAの徹底した接客マナーの教育など、航空機というのは移動以外でもとてもお金のかかっている高級サービスだったからなのです。
新規参入した航空会社は言ってみれば、そう言った高級志向を満たすサービスの一切を排除して移動をすばやくできるというところだけに重点を置いているのです。