格安化のための機体低コスト化

日本国内でも、LCCを元にした企業戦略により格安航空券を売り出すことができるようになってきて、規制緩和によって新規参入してきた国内の新規航空会社はどんどんその勢力を広げてきていますね。
そもそも、何故この新規参入してきた航空会社は元々あった航空会社よりもはるかに安い値段で航空チケットを売り出すことができるようになったかというとあらゆるポイントでコストを削減しているからなのです。

新規航空会社のコスト削減について

航空サービスにおけるコスト削減と聞くと、飛行機の安全性が下がるのではないかだとか、航空機が劣化しているからなのではないかなんて不安を抱く人も決して少なくはないと思いますが、決してそんなことはありません。
既存の航空会社のサービスにはそんなことをしなくてもいくらでもコスト削減をするポイントがあるのです。
例えばですが、航空機におけるコスト削減について格安航空会社が行っている航空機を一機種程度に統一するというやり方があるのです。
単一の機種に統一することで、そこから派生した型のものなどに機種を絞り込むことによって、航空機メーカーも統一することができ、特定の機種を大量に一括で購入することを契約することによって同じ質のものを安く手に入れるというような形を取っているわけなのです。
要は、まとめ買い契約をすることによる割引ですね。
それ以外にも、金融機関を介してリース契約をしたりすることによって同じ質を保ちつつも間にかかる機体を低コストで手に入れることができるようにしている、というわけなのです。
こうすることによって、航空機自体の安全性や機体の耐久度などのクオリティを下げることなく、値段だけを下げることができるので、その分航空チケットの値段も従来のものよりもずっと安く提供することができるようになっているというわけですね。
元々国内の航空会社では多数の機種が出回っていたので、その種類を抑えることで格安化を実現しているのです。