新規参入した低運賃航空会社について

日本国内では、やはり元々は航空券は非常に値段の高いものとされ一部の人しか利用しておらず、航空機を交通機関として利用するのも大幅な移動が必要な旅行や帰省など一定期間でしか客数を見込めないというものでした。
しかし、日本国内でも航空業界のシェアに規制緩和が敷かれそれに伴って海外ではどんどん発足していた格安航空会社が日本国内でも徐々に増えてきたお陰で、格安航空券を非常に手に入れやすくなったわけですね。
これらの、新規航空会社は海外と違って格安航空会社を名乗っているわけではないのですが、それでも海外での格安航空会社の企業戦略をビジネスモデルとし、サービスの簡素化や合理化、効率化を狙うことによってかなり航空チケットの値段を削減することに成功してきているのです。

格安航空会社をビジネスモデルとした新規航空会社


日本国内で、格安航空チケットを手に入れることができるようになった新規航空会社の中でも特に注目を浴びたのはやはり規制緩和に機に航空業界にいち早く新規参入したスカイマークですね。
スカイマークもまた、海外の格安航空会社の企業形態をビジネスモデルとして、サービスの簡素化などを行うことにより、航空チケットをより安く手に入れることができる基盤を築いているのです。
航空チケットの値段が日本国内だとやけに高いのは、航空機の利用頻度がそれほど高くないことと同時に、やはり機内サービスの充実化や機内でのスタッフのプロ意識の高い接客サービスなどの質の高さも一つの要因となっているわけですね。
日本の国内線にしか乗ったことがない人にはいまいちピンと来ないかもしれないのですが、海外での国内移動に航空機を使うと日本の航空会社程サービスの質が高くなかったりするんです。
とはいえ、新規参入した低運賃の航空会社もサービスが悪いというほどではありません。
高いサービスのクオリティこそないですが、単純に長距離移動するだけなら十分なサービスを受けられるでしょう。